思い切って引っ越し

pills in the palm and wine

当事者によって症状が異なるため、すべての人にオススメできるとは言えませんが、精神疾患の改善策として、思い切って引っ越しを行うというのも方法の一つだと思います。特に大都会で過酷な仕事が原因でうつのような精神疾患を発症してしまった人ならば、強引に生活環境を変えてしまう事で症状が良好になる場合がある事を知っておきましょう。もちろん行き先の当てなく引っ越すのはリスクがありますが、引っ越す地域や季節によっては、ツテやお金が無くても案外うまくやっていけるケースもゼロとは言えないと思います。大切なのは自分の人生で、精神疾患を発症してしまった事により現在いる環境に、このままいてしまっては最悪「自殺」という道しか見えないようであるならば、いっそのこと命がけで違う環境に引っ越してしまう方が生存率が上がるかもしれないという事実です。ある程度平和な日本の暮らしに慣れてしまうと見失いがちですが、そもそも人生というのは保証無き冒険の連続です。あらゆる決断は自己責任の元に結果がやって来ますので、時には大胆に新天地へと生き延びるために旅立つ勇気も自然な事だと言えるでしょう。深刻な精神疾患の当事者であれば、ただそこに存在するだけでも命がけと感じてもおかしくはありません。自分の精神、ひいては存在そのものを守るためにも、適さない環境は思い切って捨ててしまうのも方法です。しがらみや責任など背負っているかもしれませんが、本当に自分にとって大切な事は何であるかというのを考え直してみましょう。